上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


一度倒れると、坂道を転がり落ちるように、彼岸めがけて一直線。
立てない・動けないわんちゃん急増の季節、動き出しはゆっくりを心がけて、愛犬をいたわりながらリハビリ散歩をしてあげてくださいね♪
老犬高齢犬介護でお困りなら玉葱工房老犬介護用品コーナーへ♪
ぱる正装新聞広告punte
ぜひとも応援の『ぽちぽちぽちっ♪』お願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 犬ブログ 犬 介護へにほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へFC2ブログランキングへ
2010
12
21

隠れた工夫

要介護状態のお犬様がいないのに、まだ老犬介護ブログを書き続ける玉葱屋、当初は「ぱるじいさんの四十九日までは続けよう」でしたが、まぁ癖と言いますか日課と言いますか、昨年大晦日に再開致しまして、まぁ半分意地になっているところもありますから、まぁせめて再開後毎日更新記録365日ぐらいまでは頑張り続けようかなぁなんて思っておりますが…考えたらあと10日じゃん。。。

ところが幽霊系の話題には皆さん食いつきがよろしいのですが、四方山話的な時はアクセス数並びにブログランキングのぽち数がそれなりで、老化の目安的なお話などになりますとガクンとアクセス・ぽち数が減少するんですね。「うちの犬はもう年寄りだから、いまさら見分け方なんかいらねぇよ」って読者さんが多いんですか…ペットシーツの流用オムツ加工などの実践系裏技なんかは、なかなか反響が大きいと言うことは「うちの犬に役立つ情報もっと出せよ」的な民意?
だからここんところアクセス数・ぽち数が全般的に下降線を描いているのは、「いつまでも死んだ犬のことばかり引きずって、愚痴ってんじゃねぇぜ」と言うことかなぁ(笑)まぁ民意に沿うために、本日は老犬介護の実践技と言いますか、玉葱屋がこれで苦労したのでこうなりました的なお話です。

此度の老犬介護用品ページ刷新で新たに商品ラインナップに加わったのが、PALハーネス・セパレート上半身のライト/レギュラータイプ2種類、大きさSMLの3種類・合わせて6種類ですけど、見た目は普通の市販品前足用ハーネス・胴輪の類と似通っています。まぁ犬の首と胴をホールドするとなると、自然にこうなってしまうのですが…まぁこの2本のベルトをブリッジでつなぐ物なども市販されていますが、どこかにループが出来て、その中に足を通さなきゃいけませんから、足下の怪しくなってきた老犬に片足立ちを保持させるのも困難なんで、玉葱工房特製PALハーネスにはブリッジ類は付けておりません。

ライトタイプの装着方法は、首ループを頭にすっぽりかぶせて、前足後ろの胴ベルトを右脇のバックルにぱちりと装着するだけ。レギュラータイプは首ベルトにもバックルが設けてありますから、ハーネスを背中・前足付け根の肩胛骨あたりにのっけて、首ベルト・胴ベルトを回して右脇でパチリですが、左利きの方でも使いやすいように、首と胴ベルトは同じ長さで製作してますから、前後入れ換えれば左脇でバックル接合できるようにしております。ライトとレギュラーの違う部分は、まぁ製作工程などの表に出ない部分ではちょっと異なりますが、外見・機能上の違いは基本的にそれだけ。

市販されているタイプですと、リードの接合部分は首元に固定された物がほとんどですね。衝撃緩衝ハーネスの類は接合用のDリングが左右フリーで動くようになっています。まぁPALハーネス初期モデル並びに15mmベルトの超軽量タイプは、これと同様に左右フリーで動きますが、現在生産中の25mmベルト仕様PALハーネスですと、Dリング根元に四角カンを噛ませて、任意の位置で固定できるように製作しております。
この特殊構造は、歩きながら特定方向にふらつく場合の進路補正やバランス取り、サポートがしやすくなるための工夫です。右足が弱って斜行するようならばDリングを右にずらして固定し、弱っている足をメインで支える工夫なんですね。

筋肉が衰えてくると、つまずく、引きずるなどして足運びが怪しくなって、次第に尻餅付いたり倒れたりが増えてきます。人間のバリアフリー住宅でもそうですが、車椅子の通行に支障がない程度の段差でも、けっつまずいて転ぶお年寄りが多いそうですし、結構布団・座布団程度の物で転んだお話も良く耳にします。人も犬も自分が体感する、昔と同じぐらい上げているつもりでも、実際には足が上がっていないんですよね。
その状態のお犬様がつまずいたときに首輪にリードだとね、無理して引っ張って支えると首一点にダメージが集中する可能性大。だから首と胴回りが連携していれば、首一点に掛かったショックを分散できますから、まだ後ろ足の衰弱が顕著でないならば、足運びが怪しくなった頃合いに、せめて上半身ハーネスで転ばないように予防するのが御長寿の第一歩なんです。

ぱるじいさんがふらつき始めた頃合いには、玉葱屋も市販の首・胸タイプの市販ハーネスを使ってまして、リードを常に短めに持って、常に軽く吊りテンションを掛けながら歩かせていました。右にふらつく場合は右方向に腕を突き出し気味にしておいて、ガクンとつまずいたり、転びそうになった時にはリードがグッと下がりますから、反射的に握力・腕力でぐっと支える…魚釣りで言うところのアタリをとる感覚ですか。ただ常に右方向に腕を伸ばしながら、軽くテンションを掛けながら散歩するというのも、右肩に人工靭帯が入っている身としては、なかなか大変でした。

おまけに転びそうになった時には、お犬様は決してまっすぐ下方向に沈下なんてしてくれませんからね、右なり左なりにがっくんと引っ張られます。先ほどの著述と相反するようですが、ゆるめの首輪ならクルリンと廻ってくれますのでね、まぁそのあと引っ張られるから結局は首にダメージを及ぼす可能性大ですが…首と胴できっちりフィットした上半身用ハーネスで、おまけにリードの接続ポイントが固定されていると、ガクンと来る衝撃が逃げないんですね。犬の体に対する衝撃はある程度分散されますが、介助者の腕には結構な衝撃が伝わります。
だからまぁ、当時はしょっちゅう腱鞘炎?つかい痛みに悩まされていましたね。

そんなこんながありますから、衝撃緩衝ハーネスはリード接続用のDリングが左右に動いて衝撃をいなすんですが、PALハーネスのDリングも縫いつけてありませんから、いわばベルトとプラスチックの摩擦力で保持さた状態なんですね。四角カンにベルトを通してDリングで折り返し、再び四角カンに通して左右に振り分ける形ですから、通常使用時には摩擦力で左右に動きませんが、急激な衝撃には右でも左方向にでも動きます。
だから犬の体にも、人にも優しいんですよ♪
つまずくことが増えてきたら、老犬介護のスタート!

本日は夕方くらいまで東寺『終い弘法』出店しておりますが、雨が降り出した場合は早めに片付けるかも?
25日の北野天満宮『終い天神』は、お天気どうかなぁ???
スポンサーサイト


一度倒れると、坂道を転がり落ちるように、彼岸めがけて一直線。
立てない・動けないわんちゃん急増の季節、動き出しはゆっくりを心がけて、愛犬をいたわりながらリハビリ散歩をしてあげてくださいね♪
老犬高齢犬介護でお困りなら玉葱工房老犬介護用品コーナーへ♪
ぱる正装新聞広告punte
ぜひとも応援の『ぽちぽちぽちっ♪』お願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 犬ブログ 犬 介護へにほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へFC2ブログランキングへ

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

玉葱屋

Author:玉葱屋
京都の友禅アロハシャツ製造直販webショップ【玉葱工房】を手がける玉葱屋は、17歳目前で星になった大型雑種犬『ぱる』のために老犬介護用品の開発に着手し、特許出願・製品化に成功。日本全国の多くの老犬と飼い主さんから、日々お喜びの声を頂戴しております。
当ブログでは、老犬介護の実体験から導き出された独自の介護ノウハウや裏技を公開しております。
ハーネス
老犬・高齢犬の介護でお困りの方は、玉葱工房老犬介護用品コーナーへ♪
新聞広告

FC2カウンター

お問い合わせ

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

メールアドレスの誤入力が増えておりますので、本文に電話番号を御記載くださいますようお願いいたします。メールへの返信が不可能な場合のみ、直接ご連絡させていただきます。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。