上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


一度倒れると、坂道を転がり落ちるように、彼岸めがけて一直線。
立てない・動けないわんちゃん急増の季節、動き出しはゆっくりを心がけて、愛犬をいたわりながらリハビリ散歩をしてあげてくださいね♪
老犬高齢犬介護でお困りなら玉葱工房老犬介護用品コーナーへ♪
ぱる正装新聞広告punte
ぜひとも応援の『ぽちぽちぽちっ♪』お願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 犬ブログ 犬 介護へにほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へFC2ブログランキングへ
ぱるじいさんぷんてちゃんのお骨が安置された祭壇に線香を灯し、「行ってくるね」と挨拶した玉葱屋、昨日は京都府中部の美山町まで、手打ちそばをいただきに行って参りました。京都の著名料理人が密かに愛用するハム・べーコンを製作するまつだファームさんの松田さんちには、生前のぱるじいさんぷんてちゃんも一緒に遊びに行って、奥さんお嬢ちゃん、おばぁちゃんにも可愛がってもらってましたし、工房のログハウス建築時には玉葱屋も参加してましたし、蕎麦やら山菜の天ぷらやら鮎やらの会にもちょくちょく呼んでくださいますのでね、ほっときゃ引きこりがちな中年おやぢの社会復帰に尽力してくださってます(笑)

10年ほど前の最初の蕎麦の会のときに、一日で脱穀・選別から製粉・手打ち・食事まで参加者全員でやりましたが、脱穀はまだ良かったものの、その後の選別作業に長時間喰われまして、午前からはじめて蕎麦にありつけたのが日没後…玉葱屋の実家で死蔵されていた古民具『唐箕(とうみ)』を提供して以降は、作業効率が一挙に向上しましたねぇ。。。
唐箕は脱穀後の葉っぱやら茎やらゴモクだらけの状態から、穀物だけをより分ける木製風選機です。これがなかったら手作業でゴモクを取りのぞくか、ざるなどにのせて、ばさばさ手であおって選別するか、どちらにしても多大な労力が費やされる事になりますけれど…ハンドルから放射線状に羽根を並べ、その周りを円筒で囲み、ハンドル基部から空気を取り込んで円筒サイドの開口部から風を噴射する原始的なブロアなんですが…ターボチャージャーの吸入側と原理は一緒の遠心式ですね…吹き出し部分上部の漏斗状受け口にゴモク入り穀物を流し込みますと、軽いゴモクだけが排出口から吹き飛ばされて、ブロア下部の排出口からは選別された穀物が流れ出るんですよ。
玉葱屋が子供の頃ですから、40年ほど前に使っていた記憶はありますが…もうこの頃は発動機やモーターで省力化が進んでおりましたので、すでに過去の遺物になりかけておりましたけれど…それから農機具小屋に転がったままでしたので、玉葱母に「使う?」「もう使わんよ~」「貰っていい?」「好きに持っていきんせえ~でも、こがぁなもん誰が使うん?」「これこれしかじか…」で、松田家に譲渡後大活躍。

石臼(もちろん人力)でそば粉製粉しているうちに、お料理が出てまいりまして舌鼓などうっておりましたが、本日のメンツが集まってきまして、『戦う生態学者』のKさんとすっかり意気投合。渋皮が簡単にとれる栗や、松茸の人工栽培などで有名な方ですが、東山で問題視されている楢枯れ原因虫の研究では『ひょっとしたらイグノーベル賞?』的なところまで行っているみたいで…最近の若い子は体の使い方がへた、想像力が足りないで盛り上がりましたね。
Kさん地元の庄屋さんの息子さんですから、玉葱屋と同じく幼少の頃から英才教育(?)ながら、玉葱屋は無給労働力米作り兼業農家でしたが、向こうは専業農家の大山持ち家系ですから主に農林業で山歩き派。「最近の子は薪割りもできない…木の芯はど真ん中にないのに、芯を狙ってまさかりやなたを振らないからね」「そうそう、クワとかツルハシもちゃんと使えませんね、剣道とか野球でもやってたら別ですけど」

玉葱屋の土方時代にも感じましたが、学生バイトはスコップ(関西ではシャベル)の使い方が下手というか、形から使い方を考える想像力が欠落しています。例えば砂を土嚢袋に詰めるためには平面形が角形の角スコを使いますが、側面から見ると底部はスプーンと同じく船底形状に膨らんでおります。砂をすくって持ち上げる際に、先端を砂山に突き刺してごぼう抜きすると、重量物が先端に集まっているし、砂山をかき分けてすくい上げる際にかなりの抵抗がありますから、まぁ10の労力が必要としましょうか。
砂山に先端を突っ込むまでは同じでも、船底を支点として、末端の二股分岐を横棒で閉じたグリップを力点として押し下げれば、テコの原理でぱかっと砂山が割れて抵抗が激減。すくい取った重量物が手前に移動しますから持ち上げるのも楽になって、負担は1割ほど軽減されます。

すくい取った砂をスコップで袋に移す際も…慣れていない人は腕力100%で持ち上げますが…右手はスコップ末端のグリップ部分、左手で砂を載せた皿部分の付け根を握っておけば、右手は押し下げだけ、左手は支えるだけでバランスが取れますから、ここでも1割は無駄な体力を使わなくて済みます。
これを10回繰り返すとなると、前者は100の労力ですが、後者は80の労力で済みまして…朝から晩まで同じ作業を繰り返すとすれば、お疲れ具合に雲泥の差が付きます。
その作業する様子を見て、現場監督が「見込みあるねぇ」としきりに感心してくれましたけど…「百姓家の小倅っすからね」なんてとぼけながら、いつの日かここから抜け出してやると心に誓って幾星霜…

実はPALハーネスぱるハーネス老犬介護ハーネス)やpunteキャリー歩行補助具)にも、この原理が活かされています。ハーネスなら前足付け根の肩胛骨部分と、腰からしっぽの二重ベルト持ち手部分、キャリーならゴムグリップ部分で支えるだけで、重たくてくにゃくにゃで支えどころのない老犬の体をしっかり、優しく、簡単に支えながらも、介護者の疲労が軽減されるように配置しております。
介護は毎日の事ですからね、
疲労が軽減できるように工夫してます♪
スポンサーサイト


一度倒れると、坂道を転がり落ちるように、彼岸めがけて一直線。
立てない・動けないわんちゃん急増の季節、動き出しはゆっくりを心がけて、愛犬をいたわりながらリハビリ散歩をしてあげてくださいね♪
老犬高齢犬介護でお困りなら玉葱工房老犬介護用品コーナーへ♪
ぱる正装新聞広告punte
ぜひとも応援の『ぽちぽちぽちっ♪』お願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 犬ブログ 犬 介護へにほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へFC2ブログランキングへ

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

玉葱屋

Author:玉葱屋
京都の友禅アロハシャツ製造直販webショップ【玉葱工房】を手がける玉葱屋は、17歳目前で星になった大型雑種犬『ぱる』のために老犬介護用品の開発に着手し、特許出願・製品化に成功。日本全国の多くの老犬と飼い主さんから、日々お喜びの声を頂戴しております。
当ブログでは、老犬介護の実体験から導き出された独自の介護ノウハウや裏技を公開しております。
ハーネス
老犬・高齢犬の介護でお困りの方は、玉葱工房老犬介護用品コーナーへ♪
新聞広告

FC2カウンター

お問い合わせ

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

メールアドレスの誤入力が増えておりますので、本文に電話番号を御記載くださいますようお願いいたします。メールへの返信が不可能な場合のみ、直接ご連絡させていただきます。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。